パン特集:インタビュー=木村屋總本店・木村光伯社長

小麦加工 特集 2012.06.18 10673号 09面

 ●143年の歴史と技受け継ぎ足元をめた堅実な経営を  日本人の口に合う「酒種あんぱん」を開発、東京・銀座の「木村家」で販売を開始したことで知られる木村屋總本店。7代目の木村光伯社長の下、143年の歴史あるのれんを守りながら、新たなジャンル・チャネルの開拓にも注力する。(月刊食品工場長6月号から一部転載、聞き手=日本食糧新聞社社長・今野正義)    *   *   *  --創業143年ということですが、

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら