森永製菓・太田栄二郎社長 中計目標必達が責務、企業成長の継続性を

菓子 ニュース 2019.08.14 11923号 02面
太田栄二郎社長

太田栄二郎社長

 森永製菓の太田栄二郎社長は、19年3月期が4期連続で過去最高益を達成する中、20年度を最終年度とする3ヵ年中期経営計画2年目の今期、着実に事業を進め、中計数値目標の20年度売上高2200億円、営業利益220億円の達成が自らの責務との考えを8日開催のマーケティング戦略説明会で明らかにした。また、「この4~5年で当社は、飛躍的な成長を遂げ、明らかにステージが変化した」との認識を示した上で、社長就任後、「企業成長の継続性」を社内へのメッセージとして発信したことを明らかにし、この実

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら