クラダシ社、松本市と連携協定締結 食品ロス削減強化

総合 ニュース 2021.07.21 12265号 04面
臥雲義尚松本市長(右)と関藤竜也社長

臥雲義尚松本市長(右)と関藤竜也社長

 クラダシ社は13日、長野県松本市と食品ロス削減に向けた連携協定を締結した。両者は、環境省の「令和2年度地方公共団体における食品ロス削減・食品リサイクル推進モデル事業」で、松本市におけるフードシェアリングサービス導入の効果検証を行ってきた。令和2年度の導入で、食品ロス削減への効果が実現されたため、連携協定を締結し、食品ロス削減へ向け取組みを強化する。
 クラダシ社は、食品の賞味期限の切迫や季節商品、パッケージの汚れやキズ、自然災害による被害などの要因で

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら