三菱樹脂、シュリンクフィルムなど6月から値上げ

 三菱樹脂は、6月1日出荷分からシュリンクフィルムを1kg当たり50円値上げする。また、共押出多層フィルムも従来比で10%値上げする。シュリンクフィルムは、主にPETボトル飲料のラベルや、弁当容器の結束用フィルムに使用され、共押出多層フィルムは食品包装用フィルムに使用される。樹脂原料の高騰が製造コストを押し上げ、事業採算を圧迫している。同社ではコスト削減に努力してきたが、現在の価格体系では、安定供給や事業維持・発展が困難な状況にあるため、価格改定に踏み切る。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら