Goals、飲食店でAI活用実験 食材発注92%自動化

HANZOの発注ドラフトや在庫の画面

HANZOの発注ドラフトや在庫の画面

 Goalsは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が産業技術総合研究所(産総研)に委託した研究プロジェクトの一部に伊藤忠商事と共同で実施協力した。外食店舗でのAI需要予測・自動発注の実現を目指し、同社が提供する外食産業向けクラウドサービス「HANZO 自動発注」で昨年12月に実証実験を行った。
 実証実験前は、同クラウドサービス導入で、1店舗当たり月間で最大12.5時間の発注業務時間の短縮を実現していた。さらに、一部店舗を対象に行った同実験