ダイドーグループホールディングス、1月期減収減益 国内飲料が苦戦

飲料 決算 2020.03.13 12025号 03面

 【関西】ダイドーグループホールディングス(HD=高松富也社長)の20年1月期(19年度)連結売上高は、天候不順などの影響もあり国内飲料事業における販売数量が落ち込んだことで、前年比1.9%減の1682億5600万円となった。  食品事業やトルコでの飲料事業で収益が改善したものの、国内飲料事業の減収が利益面にも影響し、営業利益は同52.3%減の28億9300万円、経常利益も同52.4%減の28億5700万円となった。  親会社株主に帰属する当期純利益は、早期退職者募集による割

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら