柿安本店、惣菜・和菓子に注力 レストランはグリルを

惣菜・中食 決算 2021.10.20 12311号 02面
赤塚保正社長

赤塚保正社長

 柿安本店は18日、東京都内で22年2月期第2四半期決算説明会を開催し、下期は昨年に比べて売上げを回復している惣菜、和菓子事業を年末商戦に向けて強化していく考えを示した。また、レストラン事業ではビュッフェ業態をほぼ撤退し、黒字化しているグリル業態のテコ入れを図っていく方針だ。
 第2四半期の売上高は180億2800万円、営業利益は9億2900万円、経常利益は11億5100万円、純利益は6億0400万円。特に「通期で3番目に売上げが多い8月単月で見ると、

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら