2022新春の抱負:日本冷凍食品協会・大櫛顕也会長 環境問題に適切対処

 昨年来、新型コロナウイルスを巡っては、再び感染者数が増加していることや変異型の発生など、いまだ不安定な状況です。このような中で、必需物資である食料品の業況は全体として悪くなかったと言えます。しかし、その内訳を見ると、家庭用需要は、いわゆる巣ごもり消費が継続し好調でしたが、業務用需要は一時の危機的な状況からは回復しているものの、コロナ禍以前の水準には程遠い状況です。冷凍食品についても同様に、家庭用需要は総じて好調でしたが、業務用は厳しい状況が続いています。また、外食店での営業