トーホーキャッシュアンドキャリー、「A-プライス」既存店好調 差別化戦略進む

卸・商社 ニュース 2015.05.01 11175号 10面
奥野邦治社長

奥野邦治社長

 トーホーグループで独立4年目を迎えたトーホーキャッシュアンドキャリー(TCC)の業績が好調だ。C&C事業「A-プライス(AP)」85店舗を運営する同社は昨年3月に駆け込み需要があったが16年1月期第1四半期(2~4月)売上げも前年超えを見込む。今期は2出店と5改装を計画し、「早期の全国展開と100店舗達成、売上高500億円が目標」という奥野邦治TCC社長に4月21日開催のAP単独展示商談会神戸会場で近況を聞いた。(深瀬雅代)