ヒガシマル醤油、鮮度保持ボトル伸長 質への追求継続

 【関西】ヒガシマル醤油が付加価値訴求品として展開する400ml鮮度保持ボトルが伸長している。数年来2桁成長が続く「牡蠣だし醤油」=写真(右)=は19年度も売上げ前年比20%増となり、「超特選丸大豆うすくち醤油」=同(左)=も同10%増で着地。消費量減少が続く醤油業界で「量ではなく質を追求し、付加価値訴求への変革をすすめる」活動を継続し、内食回帰の今期は健康へつながる食卓提案で付加価値商材の育成に努めていく。  6月26日に公表した19年度実績は売上高176億6200万円(同

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら