胃心伝真=イミ・イギ消費

総合 コラム 2020.02.14 12013号 01面

 「北海道の19年度水産物はイカ漁が前年比30%減、昆布漁も同20%減といずれも過去最低。これにサンマ、秋サケ、毛ガニと大幅減で過去最低が続く」と、全国調理食品工業協同組合(全調食)の理事会で竹山寛北海道ブロック会長(竹山食品工業社長)が報告▼また「最後に驚いた。漁獲量は前年比5%増。マイワシが増え、ホタテが回復した。しかし、金額ベースでは同14%減」(同会長)。北の海では大衆魚の漁獲高が増えている。竹山会長をはじめ、全調食の組合員は昆布を含む水産物や豆類などの佃煮・煮豆類を

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら