日食SDGs特別セミナー講演:日本アクセス・後上浩氏 フードロス最重要

 ◇日本アクセス 広報・サステナビリティ推進部部長 後上浩氏
 ●4フェーズに分け推進
 当社は20年4月に、経営の一環として「日本アクセスSDGs宣言」を行った。食品を扱う企業の社会的責任として、フードロス対策をSDGsにおける最重要課題の一つとして取り組んでいる。
 長期の目標として、30年までに食品廃棄物排出量の目標を16年度比50%削減に設定。16年度の廃棄物排出量が753tだったものを、30年度

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら