食肉加工品特集

食肉加工品特集:スーパーバイヤーに聞く=サミット 大豆ミート商品など注力

乳肉・油脂 2022.05.13 12397号 09面

 サミットの21年度実績は、食肉加工品全体で上期4.9%減、下期6.5%減、通期5.7%減と前年を下回っている。
 8月までは比較的好調に推移したが9月以降苦戦している。
 商品動向としては、上質品や“ちょっといい物”の売上げが伸びた。また、大容量品もお客さまの支持を得ている。単品別では「鎌倉ハム」の商品が良く売れた。
 商品別ではハム(構成比26.8%)が4.3%減、ソーセージ(同33.2%)が6.8%

  • 食肉加工品特集

    食肉加工品特集

    乳肉・油脂

     食肉加工品の21年商戦は、前年が新型コロナウイルス感染症拡大による内食需要の高まりで家庭用が好調に推移した反動の影響もあり減産となっている。ハム・ソーセージの家庭用商品の伸びは鈍っているが依然内食化傾向は続いており、ハ […]

    詳細 >