ニチレイ3ヵ年中計 設備投資に1008億円 既存事業拡大を

 ニチレイは14日発表した3ヵ年(19~21年度)中期経営計画「WeWill 2021」で、主力の2大事業である加工食品と低温物流へ積極的な設備投資を実施し、最終21年度に18年度比で、売上高769億円増の6570億円、営業利益55億円増の350億円、純利益21億円増の220億円を目指す。目標売上高のうち海外分は231億円増1023億円。設備投資額は前中計を378億円上回る1008億円(国内696億円・海外312億円)を計画する。  全体戦略の骨子は、(1)国内経営基盤の強化

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら