日本水産、スケソウダラ研究発表 高齢女性に朝のタンパク質摂取が有用

水産加工 ニュース 2019.11.18 11972号 04面

 日本水産(ニッスイ)などで組織する共同研究チームは9~10日に新潟で開かれた「第6回日本サルコペニア・フレイル学会大会」で、白身魚であるスケソウダラのタンパク質の筋肉増加効果に関する新たな成果を発表した。それによると、朝食時のスケソウダラタンパク質摂取が、高齢女性の骨格筋量増加に有効である可能性が示唆された。  すでに同研究チームは、(1)スケソウダラタンパク質には健常な高齢者の筋肥大効果がある(2)時間栄養学において、朝食時に十分なタンパク質を摂取することで骨格筋量・筋力

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら