3R推進団体連絡会、新5ヵ年計画策定 プラ資源循環に注力

総合 ニュース 2021.05.12 12226号 03面

 容器包装の3Rを推進する8団体で構成する3R推進団体連絡会は4月下旬、21年度から5年間の新たな「自主行動計画2025」を公表した。プラスチックゴミ問題を背景に、3月に閣議決定された「プラスチックに係る資源循環の促進に関する法律」案が来年までに成立すると見込み、新計画ではプラ容器包装の算定方法を変更した上で、再商品化とともに資源循環全般も視野に入れ、政策提言にも注力する考え。
 全体としては対象となる8素材の特性に応じ、容器包装のリデュース(軽量化・

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら