農林水産省・森健畜産局長に聞く 局復活、持続性と輸出注力

 農林水産省は7月1日付の組織再編で、生産局内の畜産部を畜産局へと格上げした。01年に当時の畜産局が部に降格した後、20年ぶりの局への復活となった。その狙いやミッションについて、新任の森健局長は持続可能な畜産物生産と輸出拡大を掲げる。抱負とともに課題や見通しについて森局長は7月28日、次のように語った。(本宮康博)

 ●“畜産物悪者論”には対抗
 20年ぶりの局復活となったが、

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら