農水省、輸出企業向け食品添加物セミナーを開催 規制対応事例も紹介

農林水産省は、加工食品の輸出を促進するため、GFP加工食品部会「海外添加物規制対応セミナー」を28日にオンラインで開催する。輸出意欲の高い生産者・加工食品メーカー・商社・行政機関などがメンバー登録するGFP(農林水産物・食品輸出プロジェクト)は、現在会員企業数が6100社を超える。今回、輸出拡大に向けた大きな課題となっている食品添加物規制への対応について、その取組み事例や経緯を説明し、ディスカッションを行う。

セミナーの様子は、Youtube配信を通じて傍聴が可能(配信リン