ドラッグストア特集:店舗戦略=クオール・岡村章二専務取締役

小売 特集 2015.04.20 11169号 14面

イートインコーナーで本社主導のイベント開催や健診サービスも検討中

イートインコーナーで本社主導のイベント開催や健診サービスも検討中

 調剤薬局チェーンのクオールは、異業種と組んで“面”展開のチャンスを広げている。現在は「駅ナカでJR西日本、駅のそばでビックカメラ、街中・ビジネス街でローソン」(岡村章二専務取締役)の3本柱で展開する。ローソンとはドラッグストア(DgS)機能を追加した「ヘルスケアCVS」確立で収益向上が見えてきた。  ●異業種と組んで“面”展開 「ヘルスケアCVS」確立  家の近くや通勤途中や

書籍紹介