改正食衛法で既存物質リスト案掲載遅れる

 改正食品衛生法における器具、容器、包装に使う樹脂のポジティブリスト化で、厚生労働省は3月末までに使われている樹脂の既存リスト案を公表する予定だったが、パブリックコメントなどで集めた情報の整理が終わらず、先送りとなった。厚労省は2021年度の早い段階でリスト案を作成して「最後の一回」として業界からの意見を聞く予定。
 改正食衛法で、合成樹脂のポジティブリスト化はHACCP制度の導入よりも猶予期間を長くとり、25年6月に完全施行となる。業界が適切にポジテ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら