スターゼン、水迫畜産グループと業務提携 和牛の供給力アップ図る

中津浜健社長(右)と、水迫栄治理事長

中津浜健社長(右)と、水迫栄治理事長

 食肉卸・加工大手のスターゼンは21日、南九州エリアで肉牛肥育や飼・肥料製造などを手掛ける水迫畜産グループ(鹿児島県指宿市)と業務提携を交わした。スターゼンは肉牛集荷先として、同社と10年にわたり取引関係にある。提携により和牛の扱い量を増やし、国内外への販売を強化する。鹿児島・宮崎・沖縄で計37農場を運営する同社は、年間約9400頭の和牛出荷頭数を、中長期的に1万5000頭へ拡大する計画。畜産業界内での提携は両社とも初めて。(本宮康博)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら