イトーヨーカ堂、個店経営を推進 新装大宮店は脱GMS

小売 ニュース 2015.04.29 11173号 03面
本体価格120万円のワイン「ロマネ・コンティ」は上質商品の品揃えの幅を象徴する

本体価格120万円のワイン「ロマネ・コンティ」は上質商品の品揃えの幅を象徴する

 セブン&アイ・ホールディングスのイトーヨーカ堂は、立地移転のため24日に新装開店したさいたま市のイトーヨーカドー大宮店で、総合スーパー(GMS)的思考から脱却して上質商品の品揃えを充実、新たな顧客の取り込みを狙う。本部主導の品揃えを前提とした従来のチェーンストア理論から脱却し、個店での数量決定の権限と販売責任を強化し地域特性を最大限に反映した売場の構成、商品の品揃えを実現する“個店経営”推進の一環。  新装開店を前に実施した市場調査の結果、近隣百貨店