生産量が消費量下回る 19/20年度の世界穀物需給 米国農務省

農産加工 ニュース 2019.08.19 11926号 01面

 2019/20年度の世界の穀物需給は、生産量が消費量を下回る見込みだ。米国農務省によると、生産量は26億6478万t、前年度比1.5%増、消費量は26億7019万t、同1.3%増。期末在庫量は7億9639万t、同0.7%減、期末在庫率は29.8%、前年度差0.6ポイント減を見込む。ただし、南半球での作付け作業が始まっていない8月12日(米国現地時間)までの見通しのため、極めて暫定的としている。  主な品目で見ると、小麦の世界の生産量は7億6807万t、同5.1%増。6月以降

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら