新トップ登場:三桜商事・服部昇社長 創業70周年向け変革挑む

 9月7日、高野正晴社長が急逝。後任に服部昇副社長が三桜商事4代目社長に就任した。「6日に服部瑛一会長、高野社長、私の3人で事業継承について話し合った。秋には正式に社長交代し、高野社長には会長としてバックアップしていただく予定だったが、高野前社長の遺志を継いで社業を盛り立てていきたい」と服部社長は前社長への誓いを語る。  一番大切にしたいことは創業者の故・百瀬透時代から続く三桜商事の社風である「人と人のつながりを大切にする」ということ。三桜商事は、業務用食品一次卸として東京本

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら