東亜商事、20年9月期決算 コロナ禍直撃で売上高18.6%減

卸・商社 決算 2021.01.18 12172号 03面

 東亜商事の第65期(20年9月決算)売上高は前年比約18.6%減の約1303億円だった。新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言発令に伴う、飲食店の営業時間短縮や休業・外出自粛要請により、外食支出は急減。同社も最大で前年同月比半減の業績月もあったことなどが減収の要因だ。
 第66期は、コロナ禍の中で求められている新たな生活様式に沿った外食産業界の新しい発想と戦略の策定により一層の販路拡大に注力する。その上でナショナルブランド商品のさらなる拡充と、

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら