第25回業務用加工食品ヒット賞/外食産業貢献賞 受賞企業20社決まる

総合 ニュース 2021.08.16 12276号 01面
7月8日、熱心な討議が行われた選考委員会

7月8日、熱心な討議が行われた選考委員会

 日本食糧新聞社制定の「第25回業務用加工食品ヒット賞/外食産業貢献賞」に20社(商品・ブランド)が決定した。2020年、コロナ禍の危機対応に尽力した企業をたたえるために「外食産業貢献賞」と名称を改めたが、食品メーカーから「ヒット賞」を望む声が強くあり、今回から食品はヒット賞、事業者、機器・資材などは貢献賞として表彰する。(金原基道)

 ●9月16日贈呈式を開催

 業務用加工食品ヒット賞は全国有力卸のモニター75社からの推薦、外食産業貢献賞は有識者および本紙専門記者の調査・推薦をまとめて7月8日、日本食糧新聞社「食情報館」(東京・八丁堀)で選考委員会を開催。熱心な討議の結果、別表の通りの受賞が決定した。

 贈呈式(後援・農林水産省)は9月16日、東京・新橋の第一ホテル東京で開催される。新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑みて、贈呈式は関係者のみで行い、懇親会は行わない。

 ◆モニター企業

 アコス、浅地産業、麻生、泉平、IZUMIYA、伊勢喜、イセヤ、今井商店、ウルノ商事、栄村商店、エンド商事、尾家産業、大槻食材、オーディエー、オーディエー東日本支社、大光、鹿島食品、カナカン、関東食品、関東食糧、きゅうざい、久世、ケイ低温フーズ、月兎ソース、広栄、甲信食糧、コーゲツ、国分グループ本社、サクラ食品工業、サッポロウエシマコーヒー、サトー商会、三櫻商事、三給、サンマーク、さんれいフーズ、三和、ジーケーエス、シブヤ、白井冷蔵、新生食品、大京食品、大成物産、大洋産業、高瀬物産、たまも、東亜商事、東京中央食品、トーカン、トォータルフーズ、トーホー、トワニ、中島食品、中村角、西原商会、にしむら、日栄物産、ニッカネ、日清商事、日本アクセス、日本アクセス北海道、ネオテイク、野口食品、ハウディ、服部コーヒーフーズ、富士食品、フジノ食品、マルシン、萬味商事、三井食品、名給、メトロキャッシュアンドキャリージャパン、モリレイ、ヤグチ、山屋食品、UCCコーヒープロフェッショナル(計75社、五十音順)

 ◆選考委員(委員長以下順不同・敬称略)

 ▽委員長=小田英三(日本外食品流通協会会長)

 ▽委員=中込武文(日本給食品連合会会長)、白石俊彦(首都圏業務用食品卸協同組合理事長)、栄村健一(神奈川県料理材料卸商協同組合副理事長)、中島正二(全国給食事業協同組合連合会会長)、狩野憲彰(日本外食品流通協会関東支部長)、金森武(日本外食品流通協会東海北陸支部長)、泉周作(日本外食品流通協会近畿支部長)、杉田尚(日本食糧新聞社代表取締役社長)▽ゲスト委員=栗栖信也(ヤグチ代表取締役社長)、岡安秀一(外食レストラン新聞編集長)、今野正義(日本食糧新聞社代表取締役会長CEO)

 ◆業務用加工食品ヒット賞(社名五十音順) 受賞商品(受賞理由)

 ・エスビー食品 「S&B SELECT スパイス ざくがけスパイス」(トッピングするだけで外食らしい映えを演出)

 ・エバラ食品工業 「エバラ ヤンニョムチキンのたれ」(韓流トレンドメニューの即戦力)

 ・キユーピー 「ほしえぬ フライドガーリックソース」(コロナ禍で人気のガーリックを中食にも拡大)

 ・ケンコーマヨネーズ 「サポドレ シリーズ」(タンパク質、食物繊維強化などセールスポイントが明確)

 ・テーオー食品 「テーオー 葱生姜醤 400g」(汎用性が高い薬味だれ)

 ・ニチレイフーズ 「(特)特撰 本和風鶏竜田揚」(鶏唐揚げをランチ、惣菜、給食に市場拡大)

 ・日東ベスト 「ホスピタグルメセットシリーズ」(介護食1食分が弁当になって使いやすい)

 ・ハウス食品 「1kg 生野菜と食べるベジキーマカレー」(植物性たんぱく使用でベジタリアンにも対応)

 ・平和食品工業 「平和 大地の味噌ラーメンスープ」(雄大な大地を思わせる豊かな風味。味噌ラーメンスープの王道)

 ・マルコメ 「ダイズラボ 大豆のお肉シリーズ」(健康志向はもちろん地球環境にも配慮)

 ・ロッテ 「とけにくいアイス ゆったりバニラ」(集団給食の提供に最適)

 ◆外食産業貢献賞(部門別・社名五十音順) ブランド・商品(受賞理由)

 【事業者部門】

 ・FOOD&LIFE COMPANIES 「スシロー」(IT化を駆使し、コロナ禍の消費者ニーズに対応)

 ・物語コーポレーション 「焼肉きんぐ」(DX推進で外食本来のおもてなしに磨き)

 【機器・資材部門】

 ・シンポ 新型無煙ロースター「Dシリーズ」(焼肉店の換気の高さを消費者にアピール)

 ・鈴茂器工 ご飯盛り付け機「Fuwarika GST-MRA」(人手不足、衛生、ロス解消などご飯提供ニーズに応える)

 ・ソフトバンク ロボティクス 「配膳・運搬ロボット Servi」(人手不足、非接触はもちろん飲食店のサービス向上に貢献)

 ・寺岡精工 縦型タッチパネル式券売機「DeliousLio」(シズル感あふれるオリジナルのメニュー画面が作成できるように進化)

 ・直本工業 新型DCオーブン卓上タイプ「EG oven」(卓上タイプの過熱水蒸気オーブン。テークアウト専門店などに導入進む)

 ・MEIKO Clean Solutions Japan ドアタイプ食器洗浄機「M-iClean HM Air Concept」(自動化で作業者の負担軽減、熱回収で作業環境改善、省エネを実現)

 ・ラショナル・ジャパン 多機能調理器「iVario」(1台で焼く・煮る・ゆでる・揚げる・炒める・炊く・圧力調理などの幅広い加熱調理が可能)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら