ヤマダイ、「凄麺の日」に3企画実施 ご当地ラーメン6種など

 ヤマダイは、同社の主力製品ノンフライカップ麺「凄麺」ブランドのさらなる拡販と認知向上に向け、10月29日「凄麺の日」での記念企画を行う。「『凄麺』ご当地ラーメン6種アソート発売」「限定ノベルティ“おやつdeすごめん”プレゼントキャンペーン」「人気YouTuber SUSURUとのコラボレーション動画」の三つを展開する。

 「凄麺の日」は、2001年10月29日に同社が第1号商品「これが煮玉子らーめん」を発売した「凄麺」の誕生日。01年以降、19年間で「凄麺」は多くの消費者から支持され、現在はシリーズ全体で28品を揃える同社の代表的ブランドとなっている。19年は「凄麺スペシャル 濃厚背脂醤油ラーメン」、18年は初代「凄麺」の味を再現した「復刻版 凄麺 煮玉子ラーメン」を発売し、「凄麺」の日をアピールしてきた。

 今シーズンの取組みとして、「『凄麺』ご当地ラーメン6種アソート発売」では、ご当地シリーズ商品6種類の詰め合わせを販売する。アソートは、「北日本編」=写真(左)、「東日本編」=同(中)、「西日本編」=同(右)=の三つを用意した。日本全国のご当地ラーメンが自宅で手軽に楽しめ、自家需要してもギフト用としても活用できる。

 「限定ノベルティ“おやつdeすごめん”プレゼントキャンペーン」は、「凄麺」の麺を使ったノンフライスナック菓子を特別につくった。商品は「仙台辛味噌ラーメン」「横浜とんこつ家」「京都背脂醤油味」をイメージした3種類を公式SNSを通じて、プレゼントする。10月29日にちなんで1029人に贈る。「人気YouTuberSUSURUさんとのコラボレーション動画」は、ラーメンYouTuberとして人気のSUSURUと凄麺のコラボレーション動画を29日に「SUSURU TV(https://www.youtube.com/channel/UCXcjvt8cOfwtcqaMeE7-hqA)」で配信する。(久保喜寛)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら