原料高騰:小麦粉 政府売渡価格、高水準5.5%引き上げ

小麦加工 ニュース 2021.04.07 12211号 01面

 今回の輸入小麦の政府売渡価格の引き上げ要因は、米国・カナダ産小麦に対する中国の旺盛な買い付けや米国の小麦生育への影響懸念などで、国際価格の上昇によるもの。
 加えて、海上運賃の上昇が影響している。海上運賃については、新型コロナウイルス感染拡大の影響で輸送需要の減少によって20年4月期には一時的に下落したが、輸送需要の回復に伴い上昇基調となっている。
 小麦の取引は、政府が国家貿易で外国産小麦を輸入し、製粉メーカーが購入。その小

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら