胃心伝真=ランナー今昔

総合 コラム 2015.04.24 11171号 01面

 カラフルなウエアの女性ランナーは、今やどこでも見かける。高価なシューズにGPS機能付き時計、ウォークマンを揃えたいでたちは、かなりな出費になろう▼東京マラソンなど大きな大会の参加費は1万円(税別)。抽選に漏れたが、それでも出たい人には3000人分のチャリティー枠がある。10万円払うが▼その昔、綿のランニングシャツに短パン、薄底の靴で砂利道を走っていたものだ。「陸上競技チャンピオンへの道」(P・セルッティ著)は半世紀前の中・長距離トレーニングの本で、裸足(はだし)で豪州の丘陵