コスモス薬品、関東で20~30店継続 郊外型を本格展開へ

小売 ニュース 2020.01.22 12000号 12面
横山英昭社長

横山英昭社長

 コスモス薬品は、関東での出店を加速する。5月末までの今期中に茨城県の水戸市、龍ケ崎市、取手市に郊外型の標準フォーマットを開設する予定のほか、埼玉県越谷市への出店も確定している。横山英昭社長は「来期以降、関東で20~30店の郊外型を出店していきたい」と言う。(宮川耕平)  関東での出店は、年間100店の新設という従来ペースを維持する中で進める。商圏1万人で成立する既存モデルで新規エリアを開拓していく。  「人口の多い関東は、九州から来た当社から見れば競争環境は緩い。店舗年齢を

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら