小売の的 未来への顧客創造:イオン 子育て支援の「やさしごはん」 アレルギー対策は主要客層向け

小売 ニュース 2024.06.10 12769号 01面
冷食を追加してラインアップを拡充

冷食を追加してラインアップを拡充

 乳幼児のおよそ10%が食物アレルギーを持つとされ、年齢とともにその割合は減少するもののアレルギーの原因食物は多様化してくる。
 イオンの商品担当で、PB開発を担うイオントップバリュ社長を兼任する土谷美津子執行役副社長は、食物アレルギーに配慮した商品は「子育て支援として絶対に必要なもの」と位置付ける。
 アレルギー配慮食品の小売市場は、イオントップバリュの推計によると23年で約58億円。規模としてはニッチでも、ターゲットはグルー

購読プランはこちら

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら