食品環境検査協会、創立60周年迎え事業拡大推進へ

総合 ニュース 2015.04.24 11171号 01面

 食品環境検査協会は創立60周年を迎える今年度、事業拡大を推進する。このほど評議会を開催、事業計画・収支予算案を原案通りに承認。今期は食品表示法施行への対応ニーズなどもくみ取り、情報提供なども併せて行う方針。  食品検査市場は近年、輸入食品の検査業務の減少、海外における現地検査の増加、海外品の衛生管理体制の向上などによって減少傾向にある。震災後の放射能関連の検査業務も激減しており、新規参入による競争の激化など厳しい状況にある。