ADEKA、知的財産に関するコロナ支援に参画

 ADEKAは11月24日、「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」に参画したことを発表した。新型コロナウイルス感染のまん延終結を目的とした開発や製造、販売などに関する行為に対して、一切の対価や補償を求めることなく、知的財産権を一定期間行使しないことを宣言するもの。一定期間、特許権、実用新案権、意匠権、著作権の不行使が表明される。今後も、新型コロナウイルス感染症の収束に貢献できるさまざまな支援策を講じる方針。(村岡直樹)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら