キユーピー、第1四半期は大減収大増益に

調味 決算 2021.04.09 12212号 03面

 キユーピーの21年11月期第1四半期連結決算は、前期までの物流事業が持分法適用関連会社へ移行したほか、20年からの国内外食需要の落ち込みによる業務用商品の販売減などの影響で、売上げが大きく減少。一方、販管費抑制に加え、家庭用商品が継続して伸長し、利益は大きく増加した。減益・増収幅はともに2桁以上で、大減収大増益でのスタートとなっている。
 同社では今期から、国内の「調理・調味料」「サラダ・惣菜」「タマゴ」の各事業を「市販用」「業務用」へ再編。また、「

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら