油脂原料、環境が歴史的悪化 J-オイルミルズ、期中3度目値上げ

 油脂の原料環境が、歴史的に悪化している。コロナ禍での生産停滞や世界的な需要増などを背景に、大豆や菜種、パームなどの主原料価格が大きく急騰。需給も強くひっ迫するなど、コロナ禍以前とは完全に別次元に突入した。J-オイルミルズは19日、4、6月に続き期中3度目となる価格改定を8月2日から行うことを発表。値上げ幅も過去2回から値上げ幅も一段階高めざるを得ない状況で、創業以来初となるkg当たり50円(本体価格)で敢行する。成されない場合、安定供給に黄信号がともる。