フードテックEvolution:国内PBF 競合超え共同活性化 ヴァズ、9者と合同発表会

農産加工 ニュース 2022.12.02 12502号 01面
大塚食品やマルコメ、丸大食品などの大手NBメーカーから、グリーンカルチャーやネクストミーツなどのフードテックベンチャーまで9者が参画。国内PBF活性化を目指す

大塚食品やマルコメ、丸大食品などの大手NBメーカーから、グリーンカルチャーやネクストミーツなどのフードテックベンチャーまで9者が参画。国内PBF活性化を目指す

 世界を席巻する「フードテック」の中核分野である、プラントベースフード(PBF)。国内でも参入企業は増加し、認知を高めている。一方、世界的な伸長と比較すると、国内ではトライアルの局面にあり、一大市場化へ向けた爆発的伸長を誘発する業界全体での活性策が望まれている。生活者向け料理写真共有アプリを運営するヴァズは11月29日、展開中の大豆ミート活性化プロジェクトに参画する計9者の合同戦略発表会(後日詳細)を東京都内で開催した。9者に及ぶ合同発表会は、国内PBFでは初(本紙調べ、展示

購読プランはこちら

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

書籍紹介