東京ステーションホテル、ハラール飛騨牛コースを提供 誰もが楽しめる料理を

外食 ニュース 2021.09.17 12294号 13面
石原雅弘総料理長

石原雅弘総料理長

メーンの「飛騨牛ロース肉のステーキ」は、ハラール精肉処理した肉を使用

メーンの「飛騨牛ロース肉のステーキ」は、ハラール精肉処理した肉を使用

 東京駅・東京ステーションホテルのレストラン「ブラン ルージュ」では、7月23日から9月5日まで期間限定「飛騨牛」コースを提供した。同コースの特徴は、メニューに使用された岐阜県産飛騨牛がイスラム教の戒律であるハラールの規定にそって精肉処理したものである点。さらにコースすべてにおいてアルコール、ゼラチンなどは不使用で、ムスリム(イスラム信徒)にも安心して食べられる内容となっていた。新型コロナの影響で海外からの来日訪問者が激減した中で、あらためてこうした取組みを行った背景には、ハ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら