食品ニューテクノロジー研究会「過冷却現象を利用した次世代の食品の冷凍技術」テーマに開催

 日本食糧新聞社主催の食品ニューテクノロジー研究会は、6月28日に東京・八丁堀の「食情報館」で「過冷却現象を活用した冷凍食品の革新的製造技術の現状」をテーマに開催した。農林水産省農林水産技術会議・元事務局長岩元睦夫氏が座長を務め、同会員などWeb受講を含め約70人が受講した。
 講演は(1)東京海洋大学食品品質設計学講座食品冷凍学研究室・渡辺学教授による「過冷却現象を利用した次世代の食品の冷凍技術」(2)関西大学化学生命工学部天然素材工学研究室・河原秀

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら