食品ニューテクノロジー研究会講演:三菱総合研究所・木附誠一主席研究員

 ●「次世代タンパク質に関するフードテックの動向」 三菱総合研究所 主席研究員 木附誠一氏
 世界的な経済成長に伴い食生活が欧米化することで、食肉への需要増加とともに、タンパク質の供給量も右肩上がりに伸びている。1970~2010年の40年間で、世界平均では1人当たりのタンパク質供給量は25%増加し、人口は37億人から68億人に増えていることから単純計算でタンパク質供給総量は2.3倍となっている。
 今後、50年までの約30年間