100店未満CVSチェーン 生き残りへ勝負 1*パンプキン

小売 連載 1992.10.07 7441号 4面

CVSチェーンの規模の格差は大きい。上は五〇〇〇店のセブンイレブンから下は支店経営の一〇店未満まで存在する。本稿では一〇〇店未満のチェーンにスポットを当て、その規模ならではの活動ぶりと今後の計画・抱負を紹介する。今回の「パンプキン」を皮切りに隔週水曜付で取り上げていく予定である。 「大手CVSチェーンとの規模の差は一〇〇対一。これまで大なり小なりセ社のマネをしながらやってきた面があるが、これからは通用しない。小規模だからこそのメリットを生かした店づくりを探る必要がある」(㈱パ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら