国産ビール・発泡酒4月分課税出荷数量、発泡酒シェア過去最高に

酒類 統計・分析 2003.05.19 9163号 2面

平成15年4月の国産ビール・発泡酒市場(課税数量ベース)で、発泡酒シェアが過去最高の四八・二%を記録した。これは5月1日からの発泡酒増税に伴う駆け込み需要(仮需)が大きくけん引したもので、伸び率も前年比三二・四%増(以下、%=前年比)と伸長。総市場は八ヵ月ぶりにプラス成長となったが、その影響でビール市場は一八・三%減と大きく落ち込んだ。発泡酒の動きについてサントリーの相場康則取締役ビール事業部長は、「仮需が三〇%以上あったと見ているが、その反動で5月上旬はかなり落ちている。し

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら