サンビシ、民事再生法申請 本業は継続

【名古屋】中部有力醸造メーカーのサンビシ(株)(愛知県宝飯郡小坂井町、0533・72・3111)は10月28日、子会社サンビシ商事が設立したサンビシエイ・エム・エスがデリバティブ(金融派生商品)取引での資産運用に失敗して多額の損失を抱え、名古屋地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は約95億円。及部久嗣社長(両社社長兼務)は引責辞任の予定。 サンビシはサンビシ商事への貸付金など46億2700万円が回収不能となり、20億円前後の債務超過となる見通し。デリバティブ損失額はサン

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら