キッコーマン、「日本ワイン」新ブランド投入 日本料理との相性追求

酒類 ニュース 2020.03.11 12024号 09面
新商品の「マンズワイン しふく」

新商品の「マンズワイン しふく」

 キッコーマンは国産ブドウだけを使い国内で造る「日本ワイン」の新ブランドを2月28日に投入した。  遮光栽培のブドウを使い苦味を抑えるなどして日本料理との相性を追求。「日本料理と真の相乗効果を発揮できる日本ワインをつくる」(同社)目的で開発した。  今回発売した「マンズワイン しふく」(白)はグループのマンズワインが製造する。シニアソムリエの資格を持つ「京料理木乃婦」3代目主人の高橋拓児氏らと3年かけて共同開発した。素材の持ち味を生かす日本料理の味わいをさらに高めるため、ブド

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら