国分グループ本社、コロナ下初の試飲会を開催

フェースシールドを着用する来場者

フェースシールドを着用する来場者

 国分グループ本社は15日、新型コロナウイルス禍で3月から延期された輸入洋酒展示試飲会を帝国ホテル東京(東京都千代田)で開いた。新型コロナの本格的な感染拡大以降、同社初の試飲会として開催した。感染防止対策を徹底しながら、同社が扱う海外産ワインやウイスキーなど300品を試飲紹介した。  酒類業界の早期回復や自粛ムードを打開したいとの考えから開催に踏み切った。  当日は試飲を伴うため、感染防止対策に特に注意を払った。ソーシャルディスタンスの確保をはじめ、飛沫(ひまつ)感染防止のた

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら