全国小売酒販組合中央会と全国小売酒販政治連盟、「酒が悪」看過できぬ

酒類 ニュース 2021.06.16 12244号 03面

 街の酒屋と呼ばれる酒類小売業者からなる全国小売酒販組合中央会と全国小売酒販政治連盟は10日、第68回通常総会を開いた。吉田精孝会長は新型コロナに関連した酒類の報道のされ方について、「お酒を飲むことが感染源、お酒そのものが悪いというイメージが世間に浸透することは酒類販売をなりわいとする私たちにとって看過することはできない」との考えを示し、国や官邸、議員連盟などに対し特段の配慮を求めていると説明した。
 吉田会長は、新型コロナの影響を最も強く受けている業

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら