2022新春の抱負:日本ワイナリー協会・長林道生理事長 日本ワイン拡大に期待

酒類 インタビュー 2022.01.14 12347号 05面

 21年の酒類業界は新型コロナウイルスの感染拡大から1年半余りが過ぎる中、繰り返される緊急事態宣言やまん延防止等重点措置により、外食産業は大きな打撃を受けるなど、酒類消費も厳しい状況が続きました。4度目の緊急事態宣言では酒類を提供する飲食店に対して休業を要請され、「禁酒令」ともいえる酒類の提供を原則停止する措置を取るなど酒類業界に大きな影響を与えました。
 ワイン市場はコロナの影響による巣ごもり需要は一巡したものの、引き続き家飲み需要の拡大はECチャネ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

書籍紹介