2022新春の抱負:日本洋酒酒造組合・神田秀樹理事長 RTDが酒類けん引

酒類 インタビュー 2022.01.14 12347号 05面

 20年から長期化した新型コロナウイルス禍により業務用の酒類市場は大幅に消費が落ち込みました。他方で巣ごもり需要により家飲み用の酒類消費は増加したものの、全体の需要減少をカバーするまでには至っておらず酒類事業は厳しい状況が続いております。
 21年10月に緊急事態宣言が解除され、飲食店などの酒類提供も復活したところですが、コロナの感染状況が終息し、安心して飲食を楽しめるようになることを切望しております。
 国産洋酒の状況について

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら

書籍紹介