日本洋酒輸入協会、有機酒類について講演 輸出入さらなる拡大へ

 輸入洋酒を扱う企業からなる日本洋酒輸入協会は10日、専門家を講師に迎え法制化予定の酒類の有機表示制度に関する講演会を東京都内で開いた。現在、国会では日本農林規格(JAS)の対象に有機酒類を追加する方向で審議している。JAS法が改正され有機酒類が新たに追加されれば、有機酒類の輸出入のさらなる拡大が見込めるという。
 JASは事業者が取得する任意の制度だ。日本国内では有機食品に「有機」や「organic」と表示し販売するためにはJAS認証を受け、商品に「