「コメネピュレ」本格発進 ネピュレと大潟村あきたこまち生産者協会、コメ用途拡大に注力

農産加工 ニュース 2014.06.13 11023号 02面
加納勉社長

加納勉社長

涌井徹社長

涌井徹社長

 コメの新用途「コメネピュレ」事業が、本格スタートを切った。ネピュレとは多様な機能性を持つ新時代のピューレ状食品で、商品名と同じネピュレ社が開発した。コメネピュレの製造ライン(年産7t)を大潟村あきたこまち生産者協会が本社工場に完成させた。今後、2社は連携し、用途開発しながら普及に努める。販売チャネルはCVSやスーパーなどの流通業と食品メーカーを想定しており、「案内を開始したばかりだが、反応は上々」と加納勉ネピュレ社長は胸を張る。これを受け、あきたこまち協会の涌井徹社長は「生

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら