はくばく、もち麦類新7品で裾野拡大 新規ユーザー獲得へ

農産加工 ニュース 2019.08.16 11924号 03面

 精麦・雑穀トップのはくばくは今秋、もち麦類のさらなる裾野拡大に取り組む。新商品で、新規ユーザーやチャネルの獲得や用途拡大を意識した7品を新発売する。  これに先立ち1日、主力「もち麦ごはん」の商品名を「もち麦」とし、機能性や用途を訴求したパッケージに変更(既報)した。背景に、同社は前期、もち麦類が前年比60%以上も伸長する一方、独自市場調査で、もち麦認知は8割に上るが、ヘビーユーザーは1割にとどまることがある。そこで、ハードルを下げ、多くの人が手に取りやすく、継続可能な商品

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら